公式(本物)と非公式(偽物)のジャニーズグッズの見分け方

 

ジャニーズグッズは公式グッズと非公式グッズがあります。

 

一般的に公式グッズが本物、非公式グッズが偽物となっていますが、その見分け方をご紹介。

 

公式と非公式の見分け方

ジャニーズグッズが公式か非公式かの見分け方は、正しい商標マーク(ロゴ)が入っているかをチェックすればわかります。

 

公式グッズの場合、大抵グッズの右下・隅っこ辺りに「(C)Johnny&Associates」と書かれています。

 

これが書かれていなかったり、一部違っていたりした場合は非公式グッズの可能性が極めて高いので注意。

 

非公式グッズとは?

ジャニーズグッズの非公式グッズと言っても、作るだけなら問題ありません。

 

よく、手作りのジャニーズグッズを自作している方もいますが、ああいうのは自分が楽しむために作っているわけですから、違法でも違反でもないので大丈夫です。

 

問題なのは、非公式を売ってしまうこと。

 

利益が発生した時点で違反になってしまう可能性があります。

 

自作のジャニーズグッズを売るのは違法?

非公式グッズを売るのが違反ということになると、フリマサイトで自作のジャニーズグッズを売っている人達はみんな犯罪者なのかということになりますが、これに関しては、ジャニタレの写真・名前・グループ名など、著作権・肖像権に違反しているものはアウトです。

 

逆に言うと、タレントの画像や名前など、著作権に引っかからないような、完全にオリジナルのグッズであれば問題ありません。

 

これはルールなので厳守するべきことではありますが、個人的には自作グッズであってもクォリティが高く、双方が満足できるのであれば別にいいんじゃないかと思います。

 

もちろん、著作権に引っかかっているなら売る側は違法になりますが。

 

偽物をつかまされないためには?

非公式グッズと知っていてグッズを購入する場合はいいですが、公式だと思って非公式グッズをつかまされた場合はたまったもんじゃありませんよね。

 

非公式グッズをつかまされてしまうかもしれない危険性があるのは以下の物が多いです。

 

  • 公式ショップ以外のお店で購入する
  • オークションで購入する
  • 通販サイトで購入する

 

公式のジャニーズショップなら非公式グッズが置いてあることはまずありませんが、それ以外のお店、普通の雑貨店やリサイクルショップなんかに並んでいる物の場合、少なからず非公式グッズの可能性があります。

 

オークションは言うまでもなく危険なので、オークションで公式グッズを買いたい場合は念入りにチェックをしてから買うようにしましょう。

 

また、オークション以外の通販サイトであっても、公式でないショップが出品していることも多々あるのでこちらも注意が必要。

 

アマゾンや楽天とかは個人でも出品出来ますからね。

 

公式グッズが欲しいなら正規ルートで

「非公式グッズは絶対イヤ!」という場合は、やはり公式ジャニーズショップ、またはコンサート会場で買うようにしましょう。

 

ちなみに公式ショップやコンサート会場でグッズを買った場合、非公式だったということはありませんが、不良品だったということは稀にあります。

 

その場合はグッズサポートセンターに問い合わせれば返品・交換が出来るので、万が一不良品だった場合は交換してもらいましょう。